コンテンツ
旧会員の方はポイント会員への移行をお願いします。
コンタクトレンズ通販比較.com会員登録はこちら
注目のコンタクトレンズ 注目のコンタクトレンズ
コンタクト新着情報 コンタクト新着情報
コンタクト通販初めての方 コンタクト通販初めての方
コンタクトレンズについて コンタクトレンズについて
コンタクトレンズ用語集 コンタクトレンズ用語集
最新のアンケート 最新のアンケート
コンタクトレンズニュース コンタクトレンズニュース
コンタクトレンズFAQ コンタクトレンズFAQ

遠視のメカニズム

遠視のメカニズム
遠視とは目の屈折異常のひとつで、平常時に網膜の後方にピントがあい、物が見えにくい状態のことをいいます。
「遠視」と聞くと「遠くがよく見える」と思われがちですが、強度の遠視の場合、遠くも近くもよく見えません。
遠視のメカニズム
遠視の発生
遠視は目に入った光の焦点が網膜より後ろであってしまうために起こり、
原因として角膜や水晶体のピントをあわせる力が弱いこと考えられます。

遠視があると、ものを見るとき常に過剰にピントをあわせて物を見る必要があり、目が疲れやすくなります。
遠視の発生の原因は大きく二つあり、ひとつは角膜や水晶体の屈折力が弱いために起こるもので、
もう一つは眼球の長さが短いために起こります。

小さい頃に重度の遠視を放置したままにすると、脳が「見ること」を学習せず、はっきりものを見ないまま成長するので、
弱視の原因となってしまうので、注意が必要です。
遠視の種類
遠視も近視と同様、大きく二つの種類があります。 一つは屈折性遠視というもので、水晶体の屈折力が弱すぎ、
網膜よりも後ろで像を結んでしまう遠視です。

もう一つは軸性遠視と呼ばれ、眼球が通常より前後に短いため、網膜よりも後方に像を結んでしまう遠視です。
遠視は近視と違って成長の過程で徐々になるものではないため、大人になってから遠視になるわけではなく、
ほとんどの場合、若いこ頃に自覚できなかった軽度の遠視が、調整力の低下により自覚されるようになったものです。
近視・遠視と「視力検査について」
視力検査では、1.0だから目が良い、0.1だから目が悪い、などと判断しますが、
これは単に見え具合を知る参考程度の意味しかありません。 その人がどの程度の近視、遠視なのかを知るには、
「屈折力の異常の度合い」を知ることが重要です。 目がピントを合わせる幅のことを、「調整力」といいますが、
眼科医ではこの「調整力」(単位:D=ジオプター)を重視し、この調整力の強弱を数値化して
近視や遠視の度合いを以下のように分類します。

-3D未満    軽度近視
-3D以上 -6D未満 中等度近視
-6D以上    高度近視

遠視の人はプラス方向に屈折が変化し、正視の人は屈折に異常がないので「0D」と表現されます。
この屈折率の異常を修正するのが近視矯正で、異常が小さいほど修正も容易です。

例えばメガネなら、屈折率の異常が小さいほど薄いレンズで済み、逆に屈折異常が大きいほど、
ピント修正に厚いレンズが必要になります。
コンタクトレンズを価格比較して通販で購入する
1日使い捨て
コンタクトレンズ
2週間使い捨て
コンタクトレンズ
1ヶ月使い捨て
コンタクトレンズ
カラー
コンタクトレンズ
乱視用
コンタクトレンズ
遠近両用
コンタクトレンズ