コンテンツ
旧会員の方はポイント会員への移行をお願いします。
コンタクトレンズ通販比較.com会員登録はこちら
注目のコンタクトレンズ 注目のコンタクトレンズ
コンタクト新着情報 コンタクト新着情報
コンタクト通販初めての方 コンタクト通販初めての方
コンタクトレンズについて コンタクトレンズについて
コンタクトレンズ用語集 コンタクトレンズ用語集
最新のアンケート 最新のアンケート
コンタクトレンズニュース コンタクトレンズニュース
コンタクトレンズFAQ コンタクトレンズFAQ

近視のメカニズム

近視のメカニズム
近視とは屈折異常の一つで、近くは見えるものの遠くが見えない状態のことをいいます。
これは主に焦点が網膜の手前であってしまい、像がぼやけて見えることが原因です。
近視のメカニズム
近視の発生
目は水晶体(及びその周辺の毛様体)というところでピントをあわせ、若い人ほどピントの調整が柔軟です。
とりわけ赤ちゃんは、10センチ程度の距離から遠くは無限大までピントをあわせることが可能だといわれています。
近視は、生まれてから20代前半にかけて、眼球の成長に伴って調整力が低下する中で起こっていきます。

個人差はあれど、誰もが遠くのものが見えにくくり、その度合いが大きかった人が、一般に言う「近視」に該当します。
そのため、もともと遠視が強かった人は遠視が弱くなるだけで済み、丁度よい強さの遠視だった人は正視になります。
そして生まれつき遠視が弱かった人が近視に、遠視がなかった人や非常に弱かった人が極度の近視になるというわけです。
つまり、生まれ持った遠視の強さと成長期における近視化の度合いにより、将来近視になるか決まるというわけです。
近視の種類
近視は大きく分けて二種類あるとされています。 最も多いのが「軸性近視」と呼ばれるもので、
これは通常の人よりも「目の奥行きが長い」ため、ピントが網膜の手前であってしまい、網膜上では画像がボヤけてしまいます。

遺伝性の近視のほとんどが、この軸性近視だといわれています。
もう一つは屈折性近視といわれるもので、水晶体の屈折力が強すぎ、網膜の手前でピントがあってしまって、
ものがよく見えない状態のことをいいます。
コンタクトレンズを価格比較して通販で購入する
1日使い捨て
コンタクトレンズ
2週間使い捨て
コンタクトレンズ
1ヶ月使い捨て
コンタクトレンズ
カラー
コンタクトレンズ
乱視用
コンタクトレンズ
遠近両用
コンタクトレンズ