コンテンツ
旧会員の方はポイント会員への移行をお願いします。
コンタクトレンズ通販比較.com会員登録はこちら
注目のコンタクトレンズ 注目のコンタクトレンズ
コンタクト新着情報 コンタクト新着情報
コンタクト通販初めての方 コンタクト通販初めての方
コンタクトレンズについて コンタクトレンズについて
コンタクトレンズ用語集 コンタクトレンズ用語集
最新のアンケート 最新のアンケート
コンタクトレンズニュース コンタクトレンズニュース
コンタクトレンズFAQ コンタクトレンズFAQ
近視・乱視に悩む人の海水浴事情
「コンタクトレンズ」の悩み夏を目前に控え、海やプールの準備のため、関連商品が店頭に並び始めるこの時期。しかし、近視や乱視の人のなかには、水泳に対して抵抗を感じていたり、敬遠してしまう人も多いのではないだろうか。
その理由の多くは、水中はもちろん、プールサイドでの移動時など、「眼鏡」や「コンタクトレンズ」の装用をどうするか、が常につきまとうからだ。

プールや海でコンタクトレンズをしたまま遊んで、ふとした時にコンタクトレンズがズレ、直そうとしたらうっかり水中に落としてしまった、なんていう失敗談も耳にする。

コンタクトレンズを落としてしまったら、売店での買い物や、友人との待ち合わせ、帰り道など、不便極まりないだろう。

【近視・乱視の方の水泳時の対処法】 1:眼鏡やコンタクトは外す
2:コンタクトレンズをしたまま泳ぐ
3:コンタクトレンズの上からゴーグルをかける
4:度付きのスイミングゴーグルをつける
回答はそれぞれあるだろうが、一番多いのは3の、コンタクトレンズをつけ、その上でゴーグルをかける、というもの。1や2はごく少数のようだ。ちなみに、度付きのスイミングゴーグルはスポーツ用品店や通信販売などで3000円程度から購入できる。
引用元
2012年05月19日
会社名:株式会社マイナビ
引用元URL:http://news.mynavi.jp/c_cobs/news/eyenews/2012/05/post-193.html
スタッフの中でも、最近日焼けをして出社する人が増えてきました。どうやら湘南の海に繰り出した模様。うらやましい!という声が多かったですが、本人はしばらくは海水浴は控えるとのこと。どうやら、使い捨てコンタクトをしたまま海に潜り、手で顔を拭ったりしたせいで、目が痛くなったそうです。視力が悪い方にとってはいろいろと大変な季節です。私は度付のゴーグルを持っていますが、ここ最近視力が急激に落ちたのであまり見えず、ちょっと不便な思いをしています。記事にある、オルソケラトロジーには興味がありますが、ちょっとお値段が高いのがネックですね。ハードコンタクトくらいの値段だともっと普及するのに、と思っています。
ニュースに対するみんなの声
やっぱり、夏はプールに海ですよね。今年も暑い季節がやってきました。目の悪い人は海水浴やプールなどどうしているのか、気になりますよね。殆どの視力が悪い人はコンタクトを付けたまま海水浴やプールをしているようですね。記事では、コンタクトを付けた上からゴーグルをつける、とありますが海水浴であまりゴーグルをつけている人は私の周りにはいません。次の日目が充血してしまった、目が痛い、など色々なトラブルがあるので、コンタクトを付けたままの使用は注意が必要です。
ちなみにマリンスポーツである水球(サッカーの水上版)では、危険防止のため「水球ではメガネや度付きのゴーグルは使ってはいけない」というルールがあるそうです。なので、視力が悪い人はやむなくコンタクトを付けているようです。プロのスポーツでもそういうことがあるので、水場のトラブルは絶えないようです。 あまりにも気になる方はオルソケラトロジーという、寝ている間に視力矯正できる優れものがあるので是非チェックしてみてください。
いよいよ本格的な夏が到来。夏はやはり、海やプールですよね。この大きい海で思い切り泳いでみたいという方も多いかと思います。しかし、視力がいい方はいいのですが、視力が悪い方にとってはちょっと悩みますよね。視力が悪いとこういう水泳にも影響が出てきます。水の中も見えにくいし、かといってメガネ、コンタクトレンズをしたまま泳ぐわけにもいかない、ついついせっかくの水泳を敬遠してしまうことも 多々あります。

何かいい方法はないものか、最近多いレーシックなどに代表される近視手術はすぐに視力が回復しますが、費用や安全面からちょっとと思っている方も多いかと思います。そんな方には、ぜひこのオルソケラトロジーをお勧めします。

このオルソケラトロジーは、いわば視力を回復するコンタクトレンズです。これは夜寝る気にコンタクトレンズを装用し朝起きた時に外すものです。これだと日中は視力がいい状態で過ごすこともできますので、とても便利かと思います。もちろん水泳もOKになります。これなら、この夏、海やプールで思い切り遊ぶこともできまるようになります。今まで視力が悪くて悩んでいる方がもしいましたら、このオルソケラトロジーも選択肢の一つにいれてみてはいかがでしょうか?
もう夏ですが、コンタクトレンズとめがねを使用している人にとってプールや海で泳ぐことはなかなか大変なことかもしれません、めがねなしで多少見える人ならコンタクトやメガネなしでもプールや海は怖くないかもしれませんが、メガネとコンタクトレンズなしではまったく自分の周りが見えない人にとっては不安が付きまとうと思います。コンタクトレンズをしたままゴーグルをつけていたけど、ひょんなことからコンタクトがずれてしまって、直そうとしたら、お水の中にコンタクトがどぼんと落ちてしまったりして大変な目にあったと言う人の話はちらほら聞いたことがあります。まあ、顔をつけずに泳ぐ人はコンタクトをそのままつけたままでがんばる人もいると思います。コンタクトもメガネもしないで、度のついたゴーグルを買って、それをつけて泳いでいる人もいると思います。まあ、何はともあれ、コンタクトやメガネを使っている人にとって、お水の中に入ることは大変なことだと思います。

最近ではこのメガネやコンタクトのわずらわしさから開放されるためにレーシックで視力矯正をする人も随分増えてきたと思います。でもレーシックよりもっと安全に視力を矯正できる方法もあります、その方法の名前はオルソケトロジーといいます。簡単です。寝ている間に矯正するための特殊なコンタクトレンズを目にします。そして角膜を矯正して視力を回復させると言うものらしいです。凄いのは回復した視力は一定の時間持続するので、日中はメガネなしでも過ごせることが可能になると言うことらしい。
時代の進歩を感じます。
ニュース記事一覧へ戻る