コンテンツ
旧会員の方はポイント会員への移行をお願いします。
コンタクトレンズ通販比較.com会員登録はこちら
注目のコンタクトレンズ 注目のコンタクトレンズ
コンタクト新着情報 コンタクト新着情報
コンタクト通販初めての方 コンタクト通販初めての方
コンタクトレンズについて コンタクトレンズについて
コンタクトレンズ用語集 コンタクトレンズ用語集
最新のアンケート 最新のアンケート
コンタクトレンズニュース コンタクトレンズニュース
コンタクトレンズFAQ コンタクトレンズFAQ
もはやディスプレイ不要!? ARを備えた「夢のコンタクトレンズ」が2014年に登場か
最近Googleが開発を進めている、スマホ機能を搭載した近未来型メガネが話題となったのだが、それを越えるすごいテクノロジーをアメリカの国家機関が開発しているようだ。

その技術とは、AR(拡張現実)を備えたコンタクトレンズだ。これは特殊なフィルターを備えており、眼球間近でも映像を写すことができるのである。しかも2014年に実用化されるかもしれない!? この夢のようなコンタクトレンズが登場すれば、もはやメガネのディスプレイも不要になるかもしれないぞッ!

実はこの技術、2010年に米ワシントンに拠点を置く「INNNOVEGA社」が発表し話題を呼んだ。その当時「iOptik」という名前で発表されたのだが、それ以来実用化へ向けた開発は進んでいなかったようである。

英BBCによると、この技術を米国防高等研究計画局(DARPA)が興味を示し、実際に試作品をオーダーしたことが判明した。すでに人体への影響を確かめるために臨床試験を行っているとさえ言われている。これにより、市販される可能性は急速に高まってきた。
引用元
2012年05月19日
会社名:ロケットニュース24
引用元URL:http://rocketnews24.com/2012/04/22/203682/
昔夢見た、未来の地球の技術が身近なものになろうとしつつありますよね。まだまだ、詳細は出ていないですが、2014年に実現化ということで、早くも関心がスタッフ内では高まっています。コンタクトというと視力矯正が主ですが、そこから一歩飛び越えて映像を映すことができるという発想はさすがアメリカです。
ニュースに対するみんなの声
最近では色々な研究が進んでいるようですが、まるでSF映画に出てくるような開発をアメリカ国家機関がしているようです。なんとコンタクトレンズにパソコン画面の技術を搭載してしまうと言うこれまた凄い開発です。さすがアメリカ、色々度を越えた開発をしてくれています。このコンタクトレンズは特殊なフィルターを備えていて、目のそばでも映像を映し出すことができるそうです。なんともう実用段階マジカ?2014年と言えば再来年、そのころには実現しそうな話だそうです。ワシントンに拠点があるイノベガ社が2010年ごろに発表して話題になったそうです、当時。それをアメリカの技術を米国防高等研究計画局が興味を示したそうです,そしてさらに研究を続けて、すでに臨床実験に入ったそうです。実用化されれば、スマホやパソコンのディスプレイも不要になるかもしれない?と言うことでしょうか。

でも何に使うのだろうか?とふと考えましたが、一番便利なのは日本の国内に関しては電車の中で新聞や本を広げなくても読めるようになるということではないでしょうか?本人だけでなく、周りの人も随分助かるかもしれません。日本の混雑の電車の中で強引に新聞や本を読む人が減れば、これはかなり良いことですね。
もしやこの夢のコンタクトレンズは日本の通勤混雑のために一役買ってくれるかも?
ディスプレイも不要になる? これって何?と 一瞬思いました。まさに夢のコンタクトレンズということですよね。これは何かというと、AR(拡張現実)を備えたコンタクトレンズなんです。
眼球間近でも映像を写すことができるから凄いですよね。これは、最近Googleが開発している、スマホ機能を搭載したメガネという概念をも抜くのではないかという噂がチラホラ囁かれています。この夢のコンタクトレンズがなんと2014年にも発売されるということなので私もつい嬉しくなってきそうです。
今までディスプレイ越しに操作していたことが、いずれそれが不要になってきます。このコンタクトレンズを装用するだけで、それが可能になってきます。私も実際、試作段階のビデオを見てみましたが、目の前で様々なことが行われているのには驚きました。スマホやPCで毎日やっていることが、なんと眼の前で繰り広げられているのですから、これには驚きました。
これなら近い将来、スマホなども必要なくなってくるのではとその時思いました。まさに夢のコンタクトレンズですよ。早く手にしたいという思いで一杯です。期待ができそうです。今まで映画の世界で起きていた出来事がこんな身近で起こってくるとか信じられません。
SFスパイ映画で、目に映った物に関する情報が、めがねの裏側にパパパっと現れる特殊なめがねが登場するのを見たことがあります。近未来的なこの特殊めがねは、SFの世界のお話かと思っていたのですが、現実になりつつあるようです。
たとえば、Googleが実際に開発を進めているらしく、めがねにスマホ機能を搭載させようと試みているようです。
また、めがねではないですが、スマートフォンでは、すでに現実になっています。「Wikitude」というソフトを使えば、マートフォンを通して見た建物などの情報が画面にオーバーレイされます。
このような人が知覚したもの(現実環境)を、コンピュータによって拡張する技術のことうぃ、AR(拡張現実)機能と言うそうです。すごい技術だと思います。
そしていま、このAR(拡張現実)機能を備えたスーパーテクノロジーを、アメリカが国家プロジェクトとして開発しているそうなんです。それは、AR機能を備えた「コンタクトレンズ」です。
あの小さなコンタクトレンズの中に、AR機能を備えることが可能だなんて、にわかには信じがたいものがあります。そもそも眼球間近のコンタクトレンズに映し出された映像を、人間の脳が見分けることができるのでしょうか。
ちょっと想像しがたいのですが、しかし、この驚くべきコンタクトレンズは、2014年に実用化されるかもしれない勢いで、開発が進み、いま、人体への悪影響がないか臨床試験を行っている段階だそうです。

SFの未来が、本当に現実になりそうですね。もうまもなくすると、ディスプレイが不要になってしまうのかもしれませんね。
ニュース記事一覧へ戻る