コンテンツ
旧会員の方はポイント会員への移行をお願いします。
コンタクトレンズ通販比較.com会員登録はこちら
注目のコンタクトレンズ 注目のコンタクトレンズ
コンタクト新着情報 コンタクト新着情報
コンタクト通販初めての方 コンタクト通販初めての方
コンタクトレンズについて コンタクトレンズについて
コンタクトレンズ用語集 コンタクトレンズ用語集
最新のアンケート 最新のアンケート
コンタクトレンズニュース コンタクトレンズニュース
コンタクトレンズFAQ コンタクトレンズFAQ

乱視のメカニズム

乱視のメカニズム
乱視とは光の焦点が一転に集まらず、像を映すことができない状態のことをいいます。
これは眼球(とりわけ角膜)の形が歪んで球面でなくなることによって光の屈折がずれてしまい、
ピントが合わないことが原因で引き起こされます。
乱視のメカニズム
乱視の発生
乱視は眼球が均一な球体でないことにより、像を結ぶピントがずれることが原因ですが、
もともと眼は完全な球体ではなく、程度の差はありますが誰でも乱視を持っています。

ですので、そのズレが非常に大きい場合に乱視ということになります。
多くの乱視は近視や遠視同様、補正レンズで矯正することが可能ですが、角膜の病気などが原因の乱視は矯正が困難です。

乱視は遠くも近くも見えにくくなり、片目で見てもものが二重に見えることがある単眼複視や、
ピントをあわせる努力による眼精疲労などの視覚障害を起こすこともあります。
乱視は目の軸の長さとは関係ないので、近視で乱視、遠視で乱視ということもあるためとても厄介です。
乱視の種類
乱視の種類は大きく二つに分けられます。
正乱視
光が二ヶ所で焦線を結ぶ乱視のことです。角膜の曲がり具合が一方向で最も強く(強主径線)、
これに直行する方向が最も弱く(弱主径線)、両線の間がなだらかに変化しているものを、
正乱視と言います(直乱視、倒乱視、斜乱視)。
不正乱視
どこにも焦点が結ばれない乱視のことです。膜の表面が凸凹で、角膜疾患が原因で後天的に不正乱視となる場合もあります。 通常の乱視矯正では矯正出来ないため、コンタクトレンズで矯正しますが、完全に矯正出来ない場合もあります。
コンタクトレンズを価格比較して通販で購入する
1日使い捨て
コンタクトレンズ
2週間使い捨て
コンタクトレンズ
1ヶ月使い捨て
コンタクトレンズ
カラー
コンタクトレンズ
乱視用
コンタクトレンズ
遠近両用
コンタクトレンズ