コンテンツ
旧会員の方はポイント会員への移行をお願いします。
コンタクトレンズ通販比較.com会員登録はこちら
注目のコンタクトレンズ 注目のコンタクトレンズ
コンタクト新着情報 コンタクト新着情報
コンタクト通販初めての方 コンタクト通販初めての方
コンタクトレンズについて コンタクトレンズについて
コンタクトレンズ用語集 コンタクトレンズ用語集
最新のアンケート 最新のアンケート
コンタクトレンズニュース コンタクトレンズニュース
コンタクトレンズFAQ コンタクトレンズFAQ

老眼用コンタクトについて

老眼用コンタクトについて
水晶体が年齢とともに固くなり、また、その周囲にあって水晶体のはたらきを
助ける毛様体が衰えたりすると、近い距離にピントを合わせられなくなります。
これが老眼です。

老眼は通常40代くらいから始まりますが、早い人は30代の後半には
その兆候が現れだしてしまいます。

近視の人は老眼にならないといわれていますが、
老眼は一種の生理現象であるためそのようなことはなく、
単に近視の場合自覚症状が現れるのが遅いだけなのです。
老眼用コンタクトについて
ボシュロムより老眼用のコンタクトレンズが発売されました。
それは目のピントをあわせるメカニズムを研究して生まれた次世代型のコンタクトレンズで、
近視のみならず遠視にも対応してます。 遠視と近視という、相反する症状の両方になぜ対応できるのか。

これは、ボシュロムが遠く用の度数から手元用の度数へと自然に変化する、「マルチフォーカル構造」を採用し、
手元から遠くまで瞬時にピントをあわせることを可能にしたためです。
この構造により脳が混乱することなく見たいものだけを認識し、逆に見たくないものは無意識に消してくれるので、
瞬時にピントがあう、自然な見え方を実現しています。
コンタクトレンズを価格比較して通販で購入する
1日使い捨て
コンタクトレンズ
2週間使い捨て
コンタクトレンズ
1ヶ月使い捨て
コンタクトレンズ
カラー
コンタクトレンズ
乱視用
コンタクトレンズ
遠近両用
コンタクトレンズ