コンテンツ
旧会員の方はポイント会員への移行をお願いします。
コンタクトレンズ通販比較.com会員登録はこちら
注目のコンタクトレンズ 注目のコンタクトレンズ
コンタクト新着情報 コンタクト新着情報
コンタクト通販初めての方 コンタクト通販初めての方
コンタクトレンズについて コンタクトレンズについて
コンタクトレンズ用語集 コンタクトレンズ用語集
最新のアンケート 最新のアンケート
コンタクトレンズニュース コンタクトレンズニュース
コンタクトレンズFAQ コンタクトレンズFAQ

老眼のメカニズム

老眼のメカニズム
老眼とは近視・遠視・乱視のような屈折異常ではなく、加齢による目の機能低下を原因とした生理現象で、
調節障害と分類できます。 自覚するのは40代半ば辺りからですが、
実際には20歳前後から調節力の減少は始まっていて、
日常生活で字を読む時の距離の30センチ前後が見えにくくなるのことで、この辺の年齢から自覚し始めるといわれています。
老眼のメカニズム
老眼の発生
年をとって老眼になるのは、水晶体を調節する毛様体の収縮能力が落ちたり、
水晶体そのものが固くなってしまい、近くにピントを合わせることが徐々に困難になることが原因です。
目がピントをあわせることができなくなるのは近くからで、最初は10センチ、それが20センチ、30センチとなってゆき、
やがて遠くでないとピントが合わなくなり、新聞や本を読む時に遠ざけて見るようになってしまいます。

近視の人は一般に老眼になりにくいなどともいわれていますが、これは間違いで、近視の人は
もともと近くにピントの中心があるため、遠視の人と同じ速さで老眼が進んでも、なかなか自覚しにくいというだけです。
老眼と矯正手術
正視の人も、近視、遠視の人も、いつかは日常生活で老眼鏡が必要になります。
手術で屈折異常を治しても、調節異常(老眼)を避けることはできません。

特に、近視の正視にするという事は、老眼を感じる年齢が早くなるということになり、
角膜屈折矯正手術で近視用メガネから解放されても、すぐ老眼鏡が必要になってしまいます。
ですので、近視手術を考えている方は、手術を受ける年齢についても考慮しましょう。
コンタクトレンズを価格比較して通販で購入する
1日使い捨て
コンタクトレンズ
2週間使い捨て
コンタクトレンズ
1ヶ月使い捨て
コンタクトレンズ
カラー
コンタクトレンズ
乱視用
コンタクトレンズ
遠近両用
コンタクトレンズ