コンテンツ
旧会員の方はポイント会員への移行をお願いします。
コンタクトレンズ通販比較.com会員登録はこちら
注目のコンタクトレンズ 注目のコンタクトレンズ
コンタクト新着情報 コンタクト新着情報
コンタクト通販初めての方 コンタクト通販初めての方
コンタクトレンズについて コンタクトレンズについて
コンタクトレンズ用語集 コンタクトレンズ用語集
最新のアンケート 最新のアンケート
コンタクトレンズニュース コンタクトレンズニュース
コンタクトレンズFAQ コンタクトレンズFAQ

コンタクトレンズのタイプ別オススメポイント

コンタクトレンズのタイプ別オススメポイント
ソフトコンタクトレンズ
ソフトコンタクトレンズはそのネーミングのとおり柔らかいレンズです。
水を含むプラスチックでできた素材でできていて、目の中に入れても違和感がなく装着感が良いのが特徴です。
目にフィットするのでスポーツをしても安心です。
ソフトコンタクトレンズのおすすめポイントは、その種類の多さでしょう。
1年から1年半くらい使える通常のコンタクトレンズのほか、使い捨てのコンタクトレンズ、カラーコンタクト、黒目が大きく見えるコンタクトなど用途に応じて選ぶことができます。
中でも使い捨てのコンタクトレンズが発売されてからは、ソフトコンタクトの愛用者も多くなったと言われています。
ソフトコンタクトレンズは日々商品開発が進歩していき、性能のよいレンズが開発されています。
ソフトコンタクトレンズはハードコンタクトレンズに比べサイズが大きいために、どうしても目を覆う部分の面積が大きく、酸素不足になつたり乾燥したり角膜に負担がかかっていましたが、レンズが酸素透過性の機能を持ったり、潤いをキープする機能を持つレンズが開発され、目への負担も少なくなってきています。
サイズが大きく黒目の部分まで覆うために、ゴミやホコリが目に入りずらいというメリットもあります。
ハードコンタクトレンズ
視力矯正といえば、メガネやコンタクトレンズがあります。
最近ではレーシック手術もポピュラーではありますが、まだ不安が残るという方も多いでしょう。
メガネは邪魔だし、メイクが目立たなくなってしまうという場合は、コンタクトレンズが最適ですね。
コンタクトレンズには、ハードコンタクトとソフトコンタクトがあります。
ハードコンタクトレンズのおすすめポイントとしては、ソフトコンタクトに比べてケアが簡単で乾燥から目を防いでくれるというメリットがあります。
ケアは洗浄後保存液に浸すだけです。 また、酸素の透過性に優れています。 というのも、ハードコンタクトレンズのサイズは小さいので角膜や目を覆う部分が少なく、目の呼吸を妨げません。
目にたっぷりと酸素を補給することができるということで目に負担が少ないのです。
涙を奪うこともく乾燥しずらいので、ドライアイの方にはおすすめです。
最近ではレンズそのものに酸素透過性の機能を持たせているので、さらに安心です。
また、ハードコンタクトレンズはソフトコンタクトレンズよりも丈夫なため、長い期間利用できるので経済的という利点もあります。
このように目への負担が少なく簡単なケアで経済的というのがハードコンタクトのおすすめポイントと言えるでしょう。
1日使い捨てコンタクトレンズ
交換頻度によるコンタクトレンズの種類は、大きく分けて2種類あります。ひとつは、1枚のレンズを1年半〜2年と長期にわたって使用するタイプです。ハードとソフトと2種類があり、長く使えるということでは経済的なメリットがあります。それに対し、 短期間で新しいレンズに交換する使い捨てタイプがあります。使い捨てには、二週間使い捨てのもや、一日使い捨てのものなどがあります。使い捨てというのは一見不経済な感じもしますが、長期間使用するタイプにはない、様々なメリットがあります。 ここでは、特に一日使い捨てのおすすめポイントをご紹介したいと思います。

1 メンテナンスフリー
使い捨てコンタクトレンズは、メンテナンスが不要というメリットがあります。特に1日使い捨てコンタクトにはそのメリットが大きいと思います。毎日のメンテナンスの時間がない、面倒と思う人にはとても助かるのではないでしょうか。

2 目に優しい
一日使い捨ての場合、長期間使用しないので、レンズに蓄積される汚れが目に与える悪影響を抑えることができます。つまり、目の健康にも理想的といえます。特に花粉の季節にはそのメリットを強く感じられることと思います。

3 紛失や破損などの心配がいらない
長期間使用するコンタクトレンズの場合、うっかりして壊してしまったり、紛失してしまうということもあるかもしれません。しかし、一日使い捨ての場合その心配がありません。

4 その他
その他にも、度の強さを自由に変えやすいとか、コンタクトレンズを毎日使う必要のない人などは、1日使い捨てコンタクトレンズのほうがかえって、経済的かもしれません。
2週間使い捨てコンタクトレンズ
使い捨てコンタクトレンズは、従来型のコンタクトレンズに比べて、目に優しく、破損・紛失時のデメリットもそれ程多くないなどいろいろなメリットがあります。使い捨てコンタクトには一日使い捨てタイプと、一週間使い捨てタイプ、そして二週間使い 捨てタイプなどがあります。

1日使い捨てタイプと違い、2週間使い捨てタイプは、ケアが必要になるというデメリットがあるのですが、その代わりに一日使い捨てに比べて経済的であるというメリットがあります。種類も豊富にあります。性格的には、一日使い捨てタイプと、従来型のタイプのちょうど中間に位置するのが、この二週間使い捨てコンタクトではないかと思います。つまり、総合的なバランスにとても優れているわけです。

気になる酸素透過率のほうも、まずまずといったところで、問題はないでしょう。ただ、使用するにつれて少しずつ低下していきます。 それでも、2週間で交換なので、眼のトラブルはケアを怠らなければ特に問題はありません。

二週間使い捨てコンタクトレンズの個人的な評価は、コンタクトレンズのケアがそれほど苦にならない人で、長期装着型のソフト・ハードコンタクトレンズに比べて、目に優しく健康的であるという優位性を優先したい人には最適なのではないかと思います。
1ヵ月使い捨てコンタクトレンズ
同じコンタクトレンズを長く着用していると、タンパク質が付着してしまいます。このタンパク質は、もともと目に悪いもので はありませんが、空気にふれると酸化したり、乾燥することで固着したり、あるいは紫外線や体温の影響で「変性タンパク質」に変化してしまいます。

この「変性タンパク質」がやっかいで、たとえば、コンタクトレンズの装用感が悪くなりますし、コンタクトレンズがくもるようになるし、さらに怖いのは、そのまま放っておくと黒目の部分を傷つけたる原因になったり、アレルギー性の結膜炎を 引き起こす原因になりかねません。

そこで考えられたのが、使い捨てコンタクトレンズです。使い捨ての場合は、一日使い捨てや二週間使い捨て、そして一ヶ月使い捨てなど、いくつか種類があります。その中で、一ヶ月使い捨てというのは、他のものと比べて経済的であるという点があります。また、月ごとに交換すれば良いので、交換時期がとてもわかりやすいというメリットがあります。

二週間交換タイプもバランス的には良いのですが、うっかりしているとその交換時期を忘れてしまうと言う事がああります。
結局、せっかく目にやさしい使い捨てを選んでも、適切なコンタクトレンズの交換時期を忘れてしまえば、目のトラブルの原因になりかねません。その意味で、一ヶ月使い捨てはおすすめかもしれません。
カラーコンタクトレンズ
初めてカラーコンタクトレンズをしている人を見たとき、とても驚いたのを今でも覚えています。カラーコンタクトレンズを使うと、とてもインパクトのある装飾ができますね。日本人の瞳の色はほとんど黒か茶色ですから、たとえば、ブルーのようなカラーコンタクトレンズをつけると、本当に印象的になります。遊び心もあるので、パティなどで使用すると、目立つこと間違いなしで す。

カラーコンタクトレンズは、レンズの部分に不透明な色がついているのですが、中心部が透明になっているので、視野は狭くなりますが、ちゃんと見ることはできます。また、度がついていないものもありますので、目が悪くない人でも楽しむことができます。

カラーコンタクトレンズは通常ソフトレンズが使用されりますが、酸化透過率があまりよくないという欠点もあります。ですので、同じものを多様することは避けたほうが無難なようです。
最近は、デファインというカラーコンタクトレンズが人気のようです。このレンズの特徴は、レンズの外側の部分だけに色が付いているという点です。透明な部分が多くなるので、その分酸素透過率が高くなり、目に優しくなります。また、瞳が大きくなったように見えるので、よりインパクトのある目を演出することができます。
乱視用コンタクトレンズ
目に乱視があると、夜信号機の光がぼわっと二重に見えたりして、不便なものです。これは、本来球体であるはずの角膜が歪んで球体でなくなる事で光の屈折がずれ、焦点が合わなくなることが原因だそうです。さらに困るのは、乱視の人用のコンタクトレンズです。普通のソフトコンタクトレンズでは矯正できず、ハードコンタクトレンズでもある程度は矯正できますが、乱視が強くなるに従い異物感が強くなるからです。

しかし、心配することはありません。ちゃんと乱視用のコンタクトレンズはあります。使い捨てタイプのレンズになりますが、一日用、二週間用、一ヶ月用など、普通に揃っています。乱視用コンタクトレンズをつけると、まず驚くのが、物がはっきり見えるようになることではないかと思います。電光掲示板の文字や、夜の標識や信号もくっきりとするので、ストレスも少なくなると思います。

さらに目の疲れが軽減されるので、眼精疲労を防いでもくれるんです。というのは、乱視が矯正されていない状態では、目に過剰な負担をかけてしまうのです。これが眼精疲労の原因になるわけですから、乱視はちゃんと矯正しなければなりません。そのためのコンタクトレンズも試してみる価値があると思います。
遠近両用コンタクトレンズ
近視と遠視の両方で悩んでいる方は、以前はメガネを付けたりはずしたりという使い分けをしていました。
でも今は両方の悩みに対応をしているコンタクトレンズがあります。

タイプとしては、使い捨てのものとずっと使い続けるものがあります。これは一般的なコンタクトレンズと同じです。

メガネの付け替えが面倒だったり、老眼だと周りに気付かれたくない場合には、遠近両用コンタクトレンズがおすすめです。
ケアが面倒であれば、1日使い捨てタイプのレンズが便利です。


使い捨ての中にも、より見えやすさを追及したものだったり、眼の潤いを追求した商品があります。 各商品によって特徴が違うので、比較サイトや口コミを利用して自分に合ったレンズを探して見ましょう。
コンタクトレンズを価格比較して通販で購入する
1日使い捨て
コンタクトレンズ
2週間使い捨て
コンタクトレンズ
1ヶ月使い捨て
コンタクトレンズ
カラー
コンタクトレンズ
乱視用
コンタクトレンズ
遠近両用
コンタクトレンズ